デブ菌 遺伝

腸内の”デブ菌”は遺伝するの?

腸内フローラ

「腸内フローラは遺伝的に決まっているものだから、努力して改善するなんて無駄じゃない?もともとデブ菌が多いんだったら仕方ないよ」

思うように痩せられないとそんなことを感じるかもしれません。しかし腸内フローラは遺伝よりも生活習慣、とくに食生活に強く影響されることがわかっています。

腸内フローラは遺伝より食事内容に影響を受ける!

腸内フローラはたしかに遺伝の影響を受けます。イギリスの大学で行われた500組の双子を対象とした研究で、遺伝的に完全に同一の双子は、腸内フローラが似通っていることがわかりました。

2008年には母親と双子の腸内環境を調べる研究も行われました。この母親と双子は、やはり腸内環境が似ていました。しかし同時に、それぞれ異なった腸内フローラを持っていることもわかったのです。

体質が同じはずの双子の腸内環境が違うという事実は、食事やストレス、睡眠リズムなどの生活習慣(特に食事)で腸内環境が変わることを示しています。つまり、腸内環境は遺伝より生活習慣のほうに大きな影響を受けるということです。

腸内細菌は3日〜10日で変化する

マウスの食事を腸にいいものに変えると、3日ほどで腸内細菌のバランスが良好に変化しました。人間の場合、約3日から10日間で腸内細菌のバランスが良い状態に変化したという研究報告がでています。

普段お肉ばかり食べていても、食生活を野菜中心に変えれば腸内細菌は徐々に変化していくのです。

いっぽうで、普段野菜をたっぷり摂っている人が、肉中心の食事に変えた場合、なんと一晩で腸内細菌が変わってしまうこともわかっています。ジャンクフードのような高脂質な食べ物中心の食生活に変えても同じです。

腸内細菌は食事に大きく影響されます。腸内環境をよりよいものにするには、食物繊維や発酵食品が多い和食中心の食事をとるようにしましょう。

デブ菌を減らしたければお肉は少なめに!

デブ菌は細胞に脂肪の取り込みを促進する菌のことで、腸内環境が悪化すればするほど増えてゆきます。

腸内細菌を悪化させる原因は悪玉菌が増加することです。悪玉菌はタンパク質が大好物。つまりお肉をたくさん食べると悪玉菌が増えて、腸内環境が悪化するのです。

悪玉菌を減らすために摂りたいのは、善玉菌のエサとなるブドウ糖や食物繊維、ビフィズス菌などが含まれたプロバイオティクス食品です。たとえばヨーグルトや乳酸菌飲料です。
腸内環境が良好になると、「細胞への脂肪の取り込みを阻害する物質を副産物として出す腸内細菌」すなわち痩せ菌が増えることもわかっています。デブ菌を減らして痩せ菌を増やすためにも、善玉菌を増やす食品を積極的に摂ることが大切です。

また、腸内フローラを整えて痩せ菌を増やすサプリとしては、『善玉元気』が一番人気です。




『善玉元気』の詳細・ご購入はこちらからどうぞ
公式サイト矢印【善玉元気】